本文へスキップ

超簡単「入校・退校時刻記録管理システム」は,教職員の入校時刻・退校時刻の記録や管理を簡単に行える無料のソフトウェアです。

入校・退校時刻記録票の管理は,超簡単「入校・退校時刻記録管理システム」へ



超簡単「入校・退校時刻記録管理システム」のサイトへようこそ!!


 このサイトは,各学校様に超簡単「入校・退校時刻記録管理システム」最新版ソフトの最新情報無料で提供します。

 広島県の公立小・中・高等学校では,平成20年度より教職員の「入校・退校時刻記録票」への入校時刻,退校時刻の記入が義務づけられています。

 それにより,在校時間,勤務時間外の在校時間(以下「時間外在校時間」)を算出し,1ヶ月の時間外在校時間が多い教職員には,管理職が面談を行ったり勤務内容を適正に配分するなど,教職員が健康を壊さないための保健管理体制が整えられました。

 しかし,入校時刻・退校時刻の記入や在校時間,時間外在校時間の算出など,教職員に新たな業務が発生しました。また,多くの学校では「入校・退校時刻記録票」の管理が教頭の業務となりました。

 そこで,当時公立小学校の教頭であった設立前の弊社の代表取締役が,自分の経験を活かして個人で数年かけて教職員の記入にかかる負担や,教頭の管理業務にかかる負担を軽減し,また,教職員の在校時間,時間外在校時間の把握がリアルタイムで行えるシステムを開発いたしました。

 このシステムは,平成23年度県内各地に配付され各学校でご利用いただき,好評をいただきました。また,寄せられた各学校の意見をもとにバグの修正,また改良を加えて現在の使いやすいシステムとなりました。このとき,システム名を超簡単「入校・退校時刻記録管理システム」と命名しました。

 その後,平成24年5月11日,弊社が設立され,このシステムに関わる全てを弊社で引き継いで現在に至っています。

(会社設立前に配付したソフトウェアの中には,著作権表示を「Shinji_Noda」「Noda Software Studio」などとしたものがありますが,これを「野田ソフトウェア工房(株)」,あるいは「Noda Software studio Inc.」と読み替えてください。)

information新着情報


H30.11.1
「改元に向けて,ソフトのバージョンアップはあるのか?」
といったお問い合わせを,多数いただいています。
平成31年1月〜3月の間には,バージョンアップ版がダウンロードできるように準備させていただく予定です。
今後とも「超簡単「入校・退校時刻記録管理システム」」をご愛用いただきますよう,よろしくお願いいたします。


平成30年11月1日
バージョンアップの予定を発表しました。
平成28年1月1日
「ダウンロード」のページに,ダウンロードカウンターを設置しました。
平成26年12月14日
超簡単「スターターキット」をバージョンアップしました。(平成27〜30年度に対応)Ver.4.2→Ver.4.5
平成25年9月17日
超簡単「つけ忘れウォッチャー」の不具合を修正しました。Ver.4.0→Ver.4.2
平成24年11月1日
超簡単「入校・退校時刻記録管理システム」のサポートサイトを公開しました。

shop information店舗情報

野田ソフトウェア工房(株)ロゴ

野田ソフトウェア工房株式会社
Noda Software Studio Inc.
入校・退校時刻記録管理システム

 〒722-0215  広島県尾道市美ノ郷町三成54-1 
              サンパティーク202

                       TEL/FAX 0848-48-5705
                       E-mail info@nss55.co.jp